寝る時に体が痛い!その原因は〇〇にあり?3つの対処法とは!?



(スポンサードリンク)

 

寝る時に体が痛い・・

 

あなたもこうした経験があるのではないでしょうか?

 

その気持ちわかります。なぜなら私もその内の1人でしたから・・。

 

1日だけであれば、悩まずにすぐ忘れていくことができますが、こ2日3日と続くといよいよ「なんで??」という気持ちになってきます。

 

基本的に、「寝る時に体が痛い」原因の対処法は3つあり、

◎寝る前に入念なストレッチをおこなう
◎マウスピースをして寝る
◎足にクッションを挟んで寝る

これらが有名です。

 

なぜこれらの対処法が有名なのかというと、「寝る時に体が痛い状態」になる原因にあります。

 

これら全てを試した経験から、どれが一番効率的かをお話していきますので、是非とも参考にしてみてください。

 

素材にこだわった至福の寝心地をお届け【フレアベル】

 

寝る時に体が痛い|その原因は〇〇にあり?

寝る時に体が痛い時の3つの対処法とは!?その原因は〇〇にあり?

 

寝る時に体が痛いのが辛いのは当然なんですが、こうした状態の時って実は一番辛いのは朝起きた時だったりします。

 

起き抜けに「痛たた・・、あれ?なんで体痛いんだろ?」そう思うことが多くなります。

 

こうした状態が続くと、眠りにつくまでの間も「なんとなく体が痛い気がする・・」なんて違和感を持ち始め、もはや負のスパイラルに入るわけです。

 

これって原因は何なんだ?

 

と、色々調べているうちに「体が緊張した状態が続いているから」ということがわかりました。

 

たしかに同時に歯ぎしりもしていたような気がするんですよね。寝ているので本当のところはわからないんですけど・・。

 

そこで体の緊張をほぐしてあげるための施策が、冒頭でもお話した、

◎寝る前に入念なストレッチをおこなう
◎マウスピースをして寝る
◎足にクッションを挟んで寝る

という3つの方法だったわけです。

 

寝る時に体が痛い|3つの対処法とは!?

寝る時に体が痛い時の3つの対処法とは!?その原因は〇〇にあり?

 

3つの対処法が、どうして「体が緊張した状態」に効果的かということを1つずつお話していきます。

 

寝る前の入念なストレッチ

 

まず「寝る前に入念なストレッチをおこなう」に関してですが、私たち現代人は1日中なにかしらのストレス負荷がかかっており、こうして蓄積されたストレスは体を緊張状態にすることがわかっているのです。

 

「ガチガチに緊張する」なんて言葉がありますが、あれはまさに精神的なストレス負荷が最高潮まで高まってしまうことで起きる現象といえます。

 

こうした1日で溜め込んだストレスによる体の緊張状態をやわらげるのが「ストレッチ」。

 

とはいえ注意が必要なのは、ちょっと体を伸ばして終わりという簡単なストレッチでは意味がありません。

 

入念に10分〜15かけ、体を芯から伸ばしていくことで、ようやく体の緊張状態がほどけていきます。

 

ちなみに3つの対処法の中でも一番良いのがこの「ストレッチ」です。

 

マウスピースをして寝る

 

体が緊張状態にあると、無意識のうちに歯を食いしばってしまう現象があります。

 

寝ている時の歯ぎしりがまさにこれですね。

 

歯ぎしりをすることで、さらに体は緊張状態に陥るのでもう最悪です・・。

 

そうした負の連鎖を止めるためにマウスピースをして寝るという手段があります。

 

ただ、私は試したことがあるのですがマウスピースをしながら寝るとよだれが溜まっていくんです。

 

この状態で寝るとなると、むしろマウスピースをしている事自体がストレッチとなるので本末転倒に思えました・・。

 

足にクッションを挟んで寝る

 

これも個人的にはおすすめな方法です。

 

なんといっても3つの中でも一番時間がかからず、労力もかかりません。

 

ただ、クッションを足に挟んで寝るだけですからね。

 

クッションを挟んで横向きになり、少し体を丸めて寝ると体の痛みが緩和されていきます。

 

ただ、これにも難点がありストレスを抱え緊張状態にあると寝相が悪くなりがちで、そうなると寝ている途中でクッションがどこかへいってしまい、再びカラが痛くなって夜中に起きるという現象が出てきました・・。

 

寝る時に体が痛い|お役立ち情報

寝る時に体が痛い時の3つの対処法とは!?その原因は〇〇にあり?

 

対処法はわかったけど、寝る前にストレッチなんかに時間をかけられない。
マウスピースは根本的な解決にんりそうもないし逆効果の可能性も。
クッションを足に挟むのは良さそうだけど寝相が・・。

 

といった形で、私と同じような状況の場合は「寝具」もろとも変えるという最終的な策があります。

 

ただ、これはお金がかかることなので私のようにそれでも無理だった場合におすすめできることです。

 

結論的に私が寝具を変えた結果は・・

眠りに入るまで体に痛みを感じなくなった

起き抜けも体は痛くなくなり爽快な寝起きになった

夜中に体が痛くて目が覚めることがなくなったので1日気持ちよくすごせる

といったものです。

 

一番手っ取り早く「寝る時に体が痛いという状況を抜け出すには、これが一番でした。

 

おわりに

人間は1日の1/3近くを眠りの時間にあてています。

 

ということは、寝る時に体が痛いということは、1日の1/3もの時間、潜在的に体が痛いという状態です。

 

そう考えると、放っておくと体がドンドンむしばまれていくのも納得できますね・・。

 

まずは3つの対処法。

 

もしくは眠りを追求した寝具にかえる。

 

いずれにしても、体のためにも早急な策が望まれます。

 

【フレアベル】公式サイト>>

更新履歴